メインイメージ

挨拶状を忘れずに

会社設立時には挨拶状を忘れずに

会社設立をしたら挨拶状を出すのを忘れないようにしましょう。会社を立ち上げてから新規に取引先や顧客を探すのは大変な労力のかかることです。会社を運営し始めてから電話やDMで新規に顧客や取引先を開拓していくのは骨の折れる作業ですし、なかなか新規顧客や取引先が開拓できないと精神的に疲れてしまいます。

会社設立時に挨拶状を送ることで、そういう会社経営にかかる労力を簡略化することが可能になります。昔の知り合いや学生時代の友達でも、新規顧客や取引先になる可能性は十分にあります。会社設立を行ったら、まず挨拶状を出すように心がけましょう。会社設立時の挨拶状はメールでもいいのですが、封書で送るのをおすすめします。

自社のパンフレットを同封し送信するのをおすすめします。知り合いだからこそ丁寧な挨拶状を送るべきです。知り合いだから簡単な挨拶でいいというのは間違いです。知り合いは見込み客です。見込み客に丁寧な挨拶を送れば見込み客から取引先や顧客に変わります。会社設立の初期段階から顧客や取引先があれば、経営もスムーズに進行するものです。

経営を進めながら新規に顧客や取引先を開拓することほど骨の折れることはありません。会社を立ち上げて何もない状態から新規に顧客や取引先を探していくのは最初のうちはいいのですが、何ヶ月もそういう状態が続くと、会社の経営が嫌になってくるものです。最初から取引先や顧客があれば、アグレッシブにモチベーションを維持しながら経営を進めていくことが可能です。

会社の立ち上げ時に顧客や取引先があるのとないのでは大変な違いがあるものです。昔の知り合いや学生時代の友達が見込み客から取引先に変わるのでしたらそれに越したことはありません。恥ずかしがってあまり挨拶をしない方も多いですが、会社設立の挨拶をすることも営業です。保険の営業の新人が最初に知り合いに勧誘するのと同じことです。会社経営は楽なものではありません。

ある程度の数字を出し経営を安定化させるためには期間がかかるものです。誰でも早い段階で経営を安定化させたいと心の中では願っているものです。それなら、昔の知り合いや学生時代の友達に最初の顧客や取引先になってもらうことから始めたほうがいいのは分かってもらえると思います。早い段階で経営の数字を安定化させるためにも会社設立時の挨拶は非常に重要なものです。まずは、昔の知り合いで連絡のとれる人のピックアップから始めましょう。